web制作の職種もピンチ?!AIの進化でweb制作現場はこう変わる

オリジナルの答えを導き出せるAI

近年、AI(人工知能)が注目されています。以前までのコンピューターは人間が作ったプログラムをただ実行するだけでしたが、AIの場合、人間から与えられたデータを元に答えを作ることができます。その代表例が将棋を指すAIです。人間同士の棋譜を元に、どの駒をどこに動かせばいいのか自分で考えて、人間には思いつかないような手を指し、今や八段、九段といった将棋の高段者に勝つのが当たり前の状況です。将棋以外のボードゲーム、たとえばチェスや囲碁でもAIの強さは際立っています。
ボードゲーム以外でもAIは活用されており、その中にはweb制作も含まれます。具体的にどういった場面でAIが用いられるのかというと、サイトのデザインです。

デザインはAIが行うようになる

デザインは感覚が重要といわれ、ウェブデザイナーはweb制作業界の中でも代わりを見つけるのが難しいということで特別な存在といえました。しかし、AIを使うと、流行しているデザイン、優れているデザインを解析し、オリジナリティがありながらトレンドをしっかりと抑えているデザインを作ることができます。
では、AIがウェブでサインを行うことでweb制作はどのように変化していくのでしょうか。まず考えられるのは、制作費の減少でしょう。デザイナーに支払うデザイン料が浮くことになるからです。
また、デザインセンスがないため、コーディングやプログラミングは自分で行い、デザインだけ外注していた個人の制作者が、AIにデザインを任せることで完全に一人でweb制作を行えるようになるでしょう。

webサイト構築は難しいものではありません。基本的なHTMLの知識とインターネット検索できる環境があれば問題なく作成できます。

© Copyright Website Today. All Rights Reserved.