就職前に知っておきたい、web制作現場の全職種

web制作会社はいろいろなスペシャリストの集合体

web制作会社は様々な専門的技術を持つスタッフの集合体です。そのため、web制作業界で働きたいのであれば、その中のどういった職種に就くのか決めなければなりません。
では、具体的にどのような職種があるのかというと、まずweb制作のトップといえるのがプロデューサーです。プロデューサーは予算を管理し、制作チームの編成を行うなど統括的な業務を担います。そのため、新入社員がいきなり就けるポジションではありません。ただ、プロデューサーを目指すことは可能です。
プロデューサーの下に位置するのがディレクターです。ディレクターは制作スケジュールの管理を行ったり、クライアントと打ち合わせを行って、チームのメンバーが具体的にどのような作業を行うのかを決めたりします。

専門性があって需要が高いデザイナーとプログラマー

web制作の主役的なポジションの職種としてデザイナーが挙げられます。見出しをどんなフォントにしてどこに配置するのか、サイトの各ポジションの背景色はどうするのかといったことを決めていきます。デザインはホームページの顔であり、その顔を決める優れたデザイナーは引く手あまたの状況で、web制作業の中で特にやりがいのある職種といるえでしょう。
ホームページを表示させたり、動かしたりするプログラムを作るのがプログラマーです。外装を担当するのがデザイナーだとすると、土台や柱を設計するのがプログラマーといえるでしょう。作業量が多いために需要が高い職種で、技術を身につければあまり就職に困ることはないといえるでしょう。

web制作会社には、優れた技術を持ったプロが多数在席しており、柔軟な対応によって幅広い要望に応えています。

© Copyright Website Today. All Rights Reserved.